酸素カプセルの中古品をお探しなら

細胞エネルギーを生み出す

こちらのページでは、食物から取り入れた栄養をエネルギーを変換するには酸素が必要であること、それは筋肉や内臓、脳などの働きを高め、身体に活力を与えるとこについてを説明しています。

効率よくエネルギーをつくるには酸素が欠かせません

エンジンは、ガソリンと酸素を混ぜることによって火を発生させ、その爆発力で稼動します。しかし、当然私たち人間には、そんな芸当は不可能です。

このガソリンを人間の場合に置き換えたものが、ブドウ糖と脂肪です。そしてこれらがエネルギーになるまでには、数十もの工程が必要になります

そのプロセスを大まかに説明すると、食物から取り入れたブドウ糖や脂肪が、いったん腸で吸収され肝臓を通過し、血液に入り込みます。これを細胞が必要に応じて細胞内に取り込むのです。

細胞内に取り込まれたブドウ糖や脂肪は、さらに細胞内のミトコンドリアに取り込まれ、『TCAサイクル』と呼ばれるエネルギー製造システムでエネルギーになります。

十分な酸素供給に酸素カプセルを活用しましょう

ここで、酸素が重要な働きをすることになります。TCAサイクルでは、ブドウ糖や脂肪が分解されていく過程で電子が発生し、その電子を引いたりくっつけたりしている中でエネルギーが発生しています。

酸素は、この電子の引き抜き合いをするのに大変都合の良い形をしていますので、エネルギーを生産するのには非常に重要な存在です。また、酸素はプロセスの最終段階で、細胞内に溜まった多くの余分な電子に積極的に結合し、排除してくれます。

こうして、さまざまな工程を経たブドウ糖、脂肪はエネルギーを出し続け、最終的には炭酸ガスと水になります。

ブドウ糖と脂肪によって生産されたエネルギーは、筋肉や内臓、脳などの働きを高め、身体に活力を与えるなど、人間の日常活動に大きく影響します。

しかし、酸素が不足しているとエネルギー生産がとどこおるため、細胞が活性化せず、疲労や倦怠感などを感じてしまいます。さらに、補給が途切れるとその工程はストップしてしまい、人間の活動に支障をきたしてしまうのです。

 
ページの先頭へ