酸素カプセルの中古品をお探しなら

酸素の快眠効果

こちらでは、なぜ酸素カプセルを利用すると快眠効果が得られるのかを理解していただくために、睡眠と酸素の関係について解説してみたいと思います。

酸素カプセルが快眠を促す理由

質の高い睡眠をとるためには、体内リズムを整え、身体に十分な酸素を供給する必要があります。体内リズムを整えるには、朝日を浴び、睡眠ホルモンであるメラトニンの生成を促すことが重要。これにより寝つきがよくなり快眠へとつながります。他にも穀類、豆類、根菜類を多く含む和食の摂取で食物からメラトニンを摂取する方法もあります。

それに加えて大切なのが、身体、主に脳内への酸素供給。脳に酸素を供給すれば、脳内の毛細血管に十分栄養が行き届き、日々のストレスや寝不足から来る自律神経の乱れを整え、身体をリラックスさせる効果などの快眠効果を期待できます。

酸素カプセルで高濃度の酸素を供給することにより、快眠やストレス解消の効果が得られるのもこのためです。

睡眠不足がまねく体の不調とは

忙しい現代社会、十分な睡眠を取ることが難しくなっています。寝不足は、ビジネスシーンでは仕事への集中力、効率などに影響しますし、普段の生活では、疲労の蓄積、交感神経・副交感神経などの神経障害、成長ホルモンの分泌異常、体内リズムの狂いなど、人体に与える影響が深刻です。

睡眠と体内リズムの関連性には諸説ありますが、代表的なものとして『サーカディアンリズム』、『サーカセメディアンリズム』、『ウルトラディアンリズム』があります。

●サーカディアンリズム
サーカディアンリズムとは、昼と夜という性質の異なった時間帯、つまり一日というサイクルを、半分が活動期、残りの半分が休息期という2つに分けたものです。実は生物によって一日の時間は異なり、人間の場合は25時間周期のサーカディアンリズムを持っています。ですから、昼に動いて、夜は眠くなるという基本的なサイクルもこの影響です。

ちなみに、サーカディアンリズムが24時間ではない理由は諸説ありますが、有力説として、季節やさまざまな環境の変化に対応するには24時間では足りないという説があります。

●サーカセメディアンリズム
サーカセメディアンリズムは、サーカディアンリズムで半分したサイクルをさらに半分にして、その中で活動期と休息期に分けたもの。例として、夜以外で昼食後に眠くなるのはこのためです。

●ウルトラディアンリズム
ウルトラディアンリズムは、睡眠と覚醒の周期を約90分という短い周期を基本に考える生体リズムです。

このように人間の体内には、活動期と休息期が交互に訪れます。そして睡眠をとるだけでなく、体内の温度・血圧・成長ホルモンなども調整しています。しかし、睡眠不足になってしまうと身体が酸欠状態になってしまい、身体の各調整がうまくいかくなる他、精神的にもイライラ、不安感、倦怠感などを感じる様になります。

 
ページの先頭へ